TOP Message

多様な「チャンス」を提供し、 日本のあらゆる雇用問題を、 解決していく。

写真

株式会社スタッフサービス・ホールディングス
代表取締役社長 阪本 耕治

雇用問題を解決し、 日本の社会を支える使命。

人の可能性を信じ、一人ひとりの働こうという想いと、働く機会を最も多くつなぎ続ける。これが、わたしたちスタッフサービスグループの社会貢献であり、使命です。現在、日本では少子高齢化が進み、人口も減少。結果、労働人口も減少し続けており、働き手の不足という雇用問題に直面しています。一方で、人生100年時代とも言われる中、働く意欲の高いシニアも増えています。さらに、未就業の若年層や、日本で働きたい外国籍人材、そして活躍の場を求める障がい者など、日本にはまだまだ活かしきれていない多様な人材がいます。わたしたちは人材総合サービス会社として、そのような人々が、活躍できるチャンスに出会えるよう支援しています。年齢、スキルや経験も超えて働こうとするすべての人が、時間や場所に縛られないより良い「働く」に出会えるように、スタッフサービスグループは、人材総合サービスとテクノロジーを掛け合わせることで、ソリューションを進化させていきます。

テクノロジーが、 人にしか生み出せない価値を さらに高めていく。

テクノロジーの台頭により、AIに人の仕事が奪われると論じる人がいます。しかし、私たちは、一概にそうは思いません。AIの方が得意な仕事があるように、人間にしかできない仕事があることも事実です。人材ビジネスにおいては、求職者の希望条件やスキル、企業の求人ニーズをそのまま受け取るだけでは、最適なマッチングは生まれません。特に、人手不足を解消するためには、未経験者のマッチングが必要です。そこにはスキルや経験だけではない、働く人の様々な想いが現われます。だからこそ、言いづらい本音や悩みにまで踏みこんで、背中を押して、初めて生まれるマッチングもあるのです。もちろん、AIによって劇的に改善する仕事もあるでしょう。その自動化や効率化によって生まれた時間で、人は自分の時間を、人にしか生み出せない価値のある仕事に集中させることができます。テクノロジーとの協働。そこに、日本の雇用問題に向き合う人材総合サービスグループとしての進化があると感じています。

写真

大切なのは、 雇用の「不」を 解決したい、という思い

現代は予測が困難な「VUCA※」の時代と言われていますが、共に働く仲間に求める本質は昔も今も変わりません。大切なのは、社会の雇用における「不」を解決したいという思い。青臭いかもしれないけれど、そんな思いと高い熱量を持った人と、ぜひ一緒に仕事がしたい。わたしたちが向き合うのは、生身の人間です。一人ひとりに想いがあり、人生もある。その重みと大切さ、ときには痛みまでを共感しながら仕事ができる人であってほしい。一方で、HRテックに代表されるように、人材ビジネスにもDXの波が押し寄せる時代です。しかし、正直に言えば、わたしたちスタッフサービスグループのDXは、始まったばかり。どんなテクノロジーでユーザー体験を向上させるのか。どんなサービスで雇用問題を解決するのか。ゼロからつくりあげる仕事に胸躍る人は、きっと会社の成長をともに楽しめる。10年後の事業、20年後の社会、そして未来を、ワクワクしながら一緒につくっていきましょう。

※VUCA:将来の予測が困難になっている状況を表す「Volatility」「Uncertainty」「Complexity」「Ambiguity」という、4つの単語の頭文字からなる造語。

経営理念

  • スタッフサービスグループ経営理念:チャンスを。
  • Visiion
  • Mission
  • Value(大切にしたい価値観)