社員のすがた

臼井 直子
interviewer
スタッフサービスへの入社の志望動機は何でしたか? 
Usui
もともと人材業界に絞って就活をしていて、その中でもスタッフサービスは会社説明会の印象が良かったのです。職場見学で先輩社員と話をした時に、良い面ばかりじゃなくて、悪い面も正直に話してくれたので信用できたというのがありますね。
interviewer
学生さんの中には人材コーディネーターへのイメージが多様にあるよう思いますが、具体的にはどのような仕事ですか?
Usui
人材コーディネーターは、クライアントが求める人材とお仕事を求めている登録スタッフの方をマッチングしています。登録スタッフの方は様々な希望やゆずれない条件を お持ちになっているので、100%満足してもらうことは難しいですが、そこにやりがいがあります。だからこそ満足してもらえた時の喜びは何にも代え難いものがあります。また、マッチングの人数を目標値に置いていますので、成果が求められる職種というところでは、クライントサービス職と同じ営業でもあり、一つでも多くの雇用機会を創りたいという想いも同じです。常に目線を登録スタッフの方と合わせ、仕事探しに掛ける想いを共有することを心掛けています。
interviewer
条件を擦り合わせる交渉力が必要に感じますが、具体的にはどのような形で希望条件の折り合いをつけていくのですか。
Usui
まずは登録スタッフの方に様々な仕事探しの選択技、例えば就業時間、勤務地、時給をヒアリングしていきます。 条件や希望なども含め整理していくなかで、絶対に譲れない条件をMUSTとし、MUST条件に合ったお仕事を紹介します。そのため、クライントサービスには「クライアントへの交渉」を働きかけることもありますね。場合によってはクライアントサービスと同行してクライアントの要望を聞きに行くこともあります。
interviewer
登録スタッフの方の希望条件を調整しても、うまくマッチしない場合もあるでしょうし、人材コーディネーターは学生が思っている以上に大変そうですね。
Usui
なかなかマッチングに至らないケースもあるし、せっかくマッチングしてもすぐに辞めてしまったりするケースも正直あります。そういう時は「ヒアリングが甘かったのでは」「もっと合うお仕事は無かったのか」と振り返りを行い、次の機会に改善できるよう取り組むようにしています。
interviewer
プロフィールや職務経歴だけで要望を見極めるのは確かに難しそうですね。
Usui
そうですね。だからこそ、できるだけ登録スタッフの方とは仕事の紹介以外に会話をする時間を多くとって、性格や価値観といったところまでクライアントサービスと共有し、マッチングの精度向上を図っています。
interviewer
人材コーディネーターはチームで動いていると聞いたのですが、臼井さんのチームはどういった雰囲気で仕事に取り組んでいますか?
Usui
人材コーディネーター職は営業職ですので、チーム全体や個人目標を追うという共通意識を持って働いています。あと、仕事は個人ではなく、チームで取り組むべきという社風ですので、自然と協力して進めていますね。 私自身、新卒でこの会社に入社しているので他の会社と比べることはできませんが、この雰囲気は当社の宝だと思います。そう思えるくらい相手の事を思い合う社員が多くいます。
interviewer
例えばどのように協力していますか?
Usui
クライアントからの求人依頼に対して候補者が挙がらず、なかなかマッチングに至らない時、自らの担当を超えてその求人に合いそうな登録スタッフを紹介します。そういった情報共有のスピードを心掛けることで、うまくいくケースは多いですね。
interviewer
チームとしてのメリットが活かされているんですね。ではクライアントから見て競合他社と比べた時のスタッフサービスの強みは何でしょうか?
Usui
当社が登録スタッフのデータベースのシステムが優れていることに加え、私たち人材コーディネーターの機動力と組織力を活かした人材提案のスピードでは負けません!自エリアだけではなく近隣都道府県にまたがって情報共有していますので、紹介できる登録スタッフの方のボリュームが圧倒的に違いますね。例えば、千葉県在住の方に東京の仕事を提案が可能です。
interviewer
スピードと情報量の差は大きな強みになりますよね。臼井さんとしては、スタッフサービスを今後、どのような会社にしていきたいですか?
Usui
最近は紹介予定派遣という形で直接雇用を希望するスタッフの方が増加傾向にあります。当社でも「人材サービスの総合化」を進めているのですが、今後は正社員求人を扱うような人材紹介制度などを提案し、登録スタッフの方へのお仕事提案の幅をもっと広げられるような会社であり続けたいと思っています!
  • 制度と取り組み
  • 産休・育休制度について
pagetop