社員のすがた

佐々木 優子
これまでの仕事の経歴
2004年、新卒入社。オフィス事業本部にてクライアントサービスとして11年のキャリア持つ。営業以外の仕事をしてみたい、と社内公募に応募。2014年4月、情報システム部へ異動が叶った。全くの未経験だった業務へのチャレンジは、右往左往しながらも着実に充実感を増している。

CHAPTER 01

現在の仕事は、オフィス、メディカル、エンジニアリングなど各事業本部のWebサイトの管理・運営業務です。実際にサイトを制作するのは専門の外注業者ですが、更新やリニューアルに際し、各事業本部の担当者や業者との調整を主に担当しています。制作の依頼、確認、修正、検証、保守など一連の業務を行っていきます。具体的には、各事業本部から「もっとお仕事情報を魅力的にアピールしたい」とか「求職者が仕事を探しやすい検索条件を設定したい」など、いろいろな要望が上がってくるので、それに応えるためにバナーを新しく作ったり、システムに修正を加えたりしていきます。そうした修正・改善を頻繁に行っています。最近では、営業部門の社内システムの改修プロジェクトに携わっています。

CHAPTER 02

社内公募に挑戦したのは、営業の仕事が嫌だったからというわけではなく、何か新しいことを始めてみたかったからです。転職しなくても社内でこうしてチャレンジできる機会を得られるのは、とても幸せなことだと思います。Webには少し興味があった程度で、技術的なことは何も知りませんでした。「サーバーって何?」「ブラウザって何?」という一般常識以下。異動してまずは「ITパスポート試験」を受けるなど必死で勉強し、ようやく少しずつ分かってきたところです。ただ、部内には教育担当もいますし、なんでも相談できる環境があることで焦らず着実に業務に取り組むことが出来ています。

CHAPTER 03

11年間、営業として求職者に接してきた経験をWebサイトの改善へ活かせたらと考えていますが、まだまだ覚えることばかりです。今は、相手の言うことを正確に理解する(専門用語が入るとわからないこともあるので)、期日を守ってきっちりタスクをこなす、という基本的なことに取組み、それから自分のスキルを確立させていかなければならないと思っています。早くプロジェクト・マネージャーとして、大きなリニューアルや新規サイト制作のようなプロジェクトを私が中心となって進められるようになりたいですね。将来、また違う仕事に巡り合うことや、営業部門に戻るということもあり得るかもしれません。そのときには、今ここで経験することが絶対に活きると思います。

  • 制度と取り組み
  • 産休・育休制度について
pagetop