わたしたちの仕事

さまざまな仕事と職種

  • クライアントサービス
  • 人材コーディネーター
  • 広報

クライアントサービス

北原 佳奈

スタッフサービス オフィス事業本部
神奈川ブロック 新横浜オフィス
2016年入社

 クライアントサービスは、企業を訪問して、どのような人材を、どのタイミングで必要となるかを見極め、依頼をいただいた際に、ニーズに合う人材をご提案する仕事です。そのためにもこまめに訪問し、情報を集めることが大切。企業の現況や仕事の流れを理解し、職場の雰囲気を感じとり、それらの情報を精査したうえで人材コーディネーターに伝えます。企業と登録スタッフの方のマッチングがうまくいくようにスキル面の確認だけではなく、各部署の職場環境などのソフト面も伝えることも重要です。契約を交わし、お仕事が始まった後も双方の状況確認をしっかりと行い、よりよい就業環境になるようフォローしていくことも、クライアントサービスの大切な役割になります。
 それぞれの企業が、人材に対してのさまざまなニーズを持っており、その1つ1つにしっかり応えていくことが信頼関係につながっていきます。多種多様な企業、そしてそこで働く人に出会えることも、この仕事ならではの楽しみのひとつです。
クライアントサービス1日の流れ
PAGE TOP

人材コーディネーター

齋藤 もな美

スタッフサービス オフィス事業本部
東京コーディネート部
2014年入社

 人材コーディネーターは、企業と登録スタッフの方、双方の希望条件をマッチングし、就業開始に結びつけることが仕事です。具体的な仕事の流れは、クライアントサービスが企業から人材派遣のご依頼を受けると、すぐにこちらへ連絡が入ります。ご依頼内容の詳細をすり合わせた後、スタッフサービスグループが管理する100万人を超えるの登録スタッフの中から条件を満たした方へお仕事の紹介をします。
 クライアントサービスと迅速に連携することで、最適な人材をスピーディーにご提案できるのがスタッフサービスグループの強みであり、それが企業と登録スタッフの方、双方の満足につながっています。希望条件を調整しながら進めることに難しい部分もありますが、その分、企業にも登録スタッフの方にも喜んでいただける紹介ができた時には、クライアントサービスとの結束も深まります。人と企業をつなぐ難しさとやりがいを感じられる仕事です。
人材コーディネーター1日の流れ
PAGE TOP

広報

池田 千春

スタッフサービス・ホールディングス 
広報部
2005年入社

 新卒入社後、人材コーディネーターとして9年のキャリアを積み、社内公募で広報部へ異動しました。
 コーポレートコミュニケーションの活動は大きく分けてマスコミ対応などの社外向けと、イントラネットなどを利用した社内向けがあります。私は主として社内広報を中心に担当しています。
 幅広い事業領域で全国に散らばる事業所。そのため、社員が一同に会する機会は少なく、横のつながりが希薄になりがちです。当社には、営業会社として何かを成す際にスピーディに動けるという良さがあるのですが、事業部間の横のつながりや、経営層と従業員層の双方向のコミュニケーションという意味では、まだまだ取り組むべき課題がたくさんあります。一人ひとりの社員が「会社が楽しい・仕事が面白い」と感じられる風土をつくり、サービスの向上・ブランド価値の向上につなげていくことが最終目的です。具体的には、イントラネットで社長インタビューや様々な部署・従業員の活動紹介の記事を出すなど、草の根的な活動に取り組んでいます。
 広報のスキルアップという点では、リクルートグループの広報の集まりで定期的に情報交換をしたり、研修を受けたりと刺激を受ける場が多くあります。例えば危機管理セミナーでは、本格的な模擬記者会見を実体験するなど、とても勉強になりました。
pagetop