• 制度・福利厚生
  • 産休・育休制度について

産前・産後休暇

産前6週 産後8週

配偶者の出産休暇

2日間の有給休暇

育児休業

子の満1歳の誕生日の前日まで
次の場合は育児休業を6ヶ月延長可能
(1歳の誕生日までに子供を保育園に預けられなかった場合)
(従業員の配偶者で諸事情により子を養育することが困難と判断された場合)
妊娠中の従業員が母子健康法の定める健康診査のため、勤務時間内に通院する必要がある場合、一定回数を限度として外出を認める。
対象者:入社1年以上の従業員で3歳未満の子供を養育する従業員

育児短時間勤務制度

9時から17時30分の範囲内で、所定労働時間を6時間、6時間30分、7時間のいずれから選択可能。

所定時間外労働の免除

7時間30分の労働時間を越える残業が免除されます。

法定外労働の制限

対象者:入社1年以上の従業員で小学校就学前の子を養育する従業員
1ヶ月について24時間、1年について150時間を超える残業が免除されます。
対象者:入社6ヶ月以上の従業員で小学校就学前の子を養育する従業員
子の負傷、疾病の世話をおこなうために、年次有給休暇とは別に年間5日間
※小学校就学前の子が2人以上いる場合は10日
pagetop