社員のすがた

若原大範
これまでの仕事の経歴
若い世代の求職者を支援するスタッフサービスの事業「ミラエール」。ビジネススキル等に不安がある求職者も、スタッフサービスが無期雇用し、教育研修など行い、就業していく中で、活躍人材に成長させる。そんなスタッフサービスの新事業の立ち上げ2年目に、社内公募を経て配属されました。

CHAPTER 01

 入社してから、クライアントサービスとして新規法人開拓、就業中の派遣スタッフさんのフォローなどを行っていました。企業の要望はさまざまですし柔軟な対応を求められます。
 私にとって、クライアントサービスとしての2年間は、先輩や上司から対応策や企業担当者とのコミュニケーションの取り方など、社会人として、営業としての基礎を身につけることができた期間でした。
 現在の部署への配属を希望したのは、ミラエール推進部で活躍していた同期の話がきっかけでした。 私が接していた派遣スタッフの方の中にも、事務職を希望していても事務経験やパソコンのスキルがあまりないなどの理由で、お仕事探しに苦労されていた方が多くいらっしゃいました。そういった方たちのサポートできると知り、社内公募制度に応募しました。

CHAPTER 02

 ミラエール社員は、誰でもなれるという訳ではありません。 スタッフサービスの名を背負って、クライアントで就業していただけるよう、採用基準を設けています。私は、選考の中で、面接を担当することもあります。 私たちのミッションは、若年層の就業チャンスを拡大し、スキルや意欲を高められる場を提供することであり、ミラエール社員ができることが増え、やりがいを感じ、視野が広がることで理想のキャリアを自ら描くことができるよう支援することです。
 私が大切にしていることは、一人でも多くの方に、成長できるチャンスを提供することです。ミラエール社員が何に対してやりがいを感じるのか、どんな夢を持っているのかについて、よく話しを聞いた上で、どのような企業で、何のお仕事であれば、より成長できるのかをいつも考えています。

CHAPTER 03

 私たちは、ミラエールを通じて、企業に直接雇用となることを「卒業」と呼んでいます。これまで私が担当していた中で「卒業」した方は20人ほどです。もちろん、ご本人の頑張りであり、企業からも期待された結果なのですが、私も企業と彼らをつなぎ、出会いの懸け橋となれたことをうれしく思います。
 私は、スタッフサービスがこれまで多くの人材と仕事を結んできた経験やデータがあるからこそ、このようなより良い出会いを生み出せるのだと思います。
 今後も、自身の可能性を活かしきれていない若者たちに伴走し、一人ひとりが魅力的に開花し、希望ある未来の実現を目指していきたいです。 

  • 制度と取り組み
  • 産休・育休制度について
pagetop